2006.06.10 スポーツオーソリティ3on3九州大会 in博多体育館

男子優勝 ヒゲルス(柚木・平山・中川・相川)
7月23日名古屋にて全国大会出場!
女子準優勝 フクルス(長谷場・中園・安本・原田)
年々少なくなってきた3on3の大会。全国まで繋がる大会はもうこの大会しかない。
今年で4回目を迎えるが、第1回、第2回はリゲルス(松井、大坪、渡邊、西尾)が全国優勝、準優勝をしている。
昨年度の第3回は、リゲルスがクラブ選手権のため不参加の中、九電を中心とするヒゲルス(柚木、平山、中川)が全国に出場したが、
中川、平山が国体のため全国大会に出場できず、高柳、古屋、柚木、篠原の混成メンバーで全国大会に出場したがベスト8で破れている。
そして今年の第4回は、リゲルス、九電、福太郎女子、福岡クラブといったチームで混成チームを作り出場した。
出場チームは以下のとおり。

よしこちゃん激写の写真はこちら

【男子】
リゲルス(松井、大坪、渡邊、西尾)
ヒゲルス(相川、柚木、平山、中川)
ヤマルス(大山、古屋(勝)、篠原、山下)
畳クラブ(池根、古屋(尊)、竪山)
【女子】
フクルス(長谷場、中園、原田、安本)
マキルス(池根(梨)、大重、濱地、松本)
【応援】
六反、シゲル、古屋(奈)、小野原、宮川、林田、池根(咲)、スンミン(富山グラウジーズ)、千々岩(九産大)、柚カノ

【結果】
男子は、3パートに分かれ各パートでトーナメントが行われた。
運悪く畳クラブを除く3チームは同じパートに入ってしまい、決勝リーグには1チームしか行けない状況となった。
女子も、運悪く1回戦でつぶし合いとなった。

○女子 フクルスvsマキルス
マキルスはエース大重とセンター濱地で得点を取るも、松本が二日酔いと池根の不調で勢いに乗れない。
対するフクルスは中園の力強いリバウンドと長谷場のアウトサイ ドシュートで加点。一進一退の攻防が続き、応援の男子も盛り上がる。
その中、途中 から出場したフクルス原田が大活躍。福岡クラブ大重率いるマキルスに競り勝った。
→その後マキルスは敗者トーナメントに出場したが、決勝で敗れ賞品ゲットはならな かった。
→勝ったフクルスは順当に決勝まで進むも、昨年度優勝のチームに敗れ、全国への道は目の前で絶たれたが、いいチームであった。

○男子 2回戦リゲルスvsヒゲルス
3on3の神と呼ばれた大坪勇三とミスターパーフェクト中川直之の対決がついに実現。 2回戦ではなく、もっと上で見たかった。
開始からヒゲルスは中川の1対1からのジャンプシュートがほとんど落ちない。対するリゲルスも西尾のインサイドで対抗。
大坪も見事なカットインを見せるが調子が今ひとつ。結局、中川のシュートは最後まで 落ちることなく終始リードを保ったヒゲルスがリゲルスに勝利。
フィクサー相川は満面の笑みを見せた。

○男子 4回戦ヒゲルスvsヤマルス
リゲルスを倒し勢いに乗るヒゲルスに対し、ヤマルスは平均身長180cm以上を誇るビッ グチーム。
開始早々、篠原が大濠の先輩柚木に対し果敢に1対1を仕掛け加点。対す るヒゲルスは中川の魅せるプレイからのシュートで会場を沸かせる。
ヤマルス大山、 ヒゲルス平山も要所で3Pを決めるが、インサイドでの篠原が好調、山下とのコンビも 絶妙で5点リードで終盤を迎える。
ここでまたしても中川がス-パ−プレイ。カットイ ンして相手2人を引きつけ顔横からバックへノールックパス。これを受けた柚木がバスカン。
しかもヤマルスは5ファウルのためヒゲルスボールとなる。
後手に回ったヤマルスは下位回戦で活躍した古屋も爆発せず、最後も中川のシュートが決まり1点差 でヒゲルスが逃げ切った。
→このままヒゲルスはパート優勝し決勝リーグへ

○男子 畳クラブ
惜しくも2回戦で敗れたが、身体能力の高い3人が組んだため、アグレッシブなプレイで観客を魅了。
池根のけた外れのジャンプ力、古屋の器用なシュート、そして竪山の久しぶりにかかわらずキレのいい動きには目を見張るものがあった。

○男子 決勝 ヒゲルスvsハイファイブ
ヒゲルスの相手は福太郎クラブの笛田、有馬と大濠出身山本の強豪。平山、柚木と相手山本は大濠時代のチームメイト。
身体能力と実績を併せ持つ6人の戦いはまさに決勝にふさわしい戦いであった。
中川、有馬の関東大学出身同士のガード対決は観客を唸らせる戦いであった。
平山、山本のマッチアップもともに大濠時代1年生から試合に出場していた2名とあって、3Pを相手が入れれば入れ返すといった意地の張り合いだった。
センター対決も福太郎の得点源笛田を柚木がパワーで対抗。中川がトリッキーなプレイからのシュートで会場を沸かす。
試合は終盤、ヒゲルスが3点リードで勝負あったかと思われた残り5秒、ハイファイブ山本が劇的同点3Pを決める。
しかし、どんでん返しはまだあった。
試合終了のホイッスルと同時に放たれた中川の3Pは 見事ゴールネットに吸い込まれ、ヒゲルスが劇的勝利。
その後、もう1チームにも勝利し、2年連続の全国大会への切符をゲットした。フィクサー相川も予定通りの全国 大会出場に満面の笑みを見せた。
・・・しかし、中川は残念ながら今年も国体のため全国大会には出場できず。あの群を抜いたスキルは全国の場でも魅せたかった。。。