全九州クラブ選手権 2005年2月4〜6日in別府


準優勝おめでとう!!


2005.2.4(金)全九州クラブ選手権(前日宿泊組日記)
【合流前】
○西尾、林田号:相川、佐藤、高柳、古屋(勝)、嶋田(太)、原田(沙)
那珂川町民体育館にて練習→記念ビデオを撮影しながらの別府までの旅
→別府北浜温泉で水着で混浴(女性2人のスクール水着姿に男子あ然→別府駅前でおいしい天丼を食べる→ホテルで合流)
○古屋(奈)号:松井、近藤、柚木
 古屋(奈)2時間の遅刻でスタート(言い訳なし)
→玖珠ICで「とり天、揚げ豚」を食べる
→穴場温泉へ(紙屋温泉(泉質抜群)→梅園温泉(会員制)→竹瓦温泉(別府温泉の名所)→湯あたり→ホテルで合流)
○荻夫妻(フルムーン)、馬屋原(ワンマン)→電車の旅を満喫
【合流後】
前泊組全員で11時から決起飲み会(やきとり凡)
→松井、相川、佐藤、高柳、嶋田(太)は夜の町へ(高柳、交渉中に弱気になって帰るも残った4人大当たり→高柳後悔)、馬屋原は初顔合わせの地元の人と語り始める
→亀の井ホテル503号室にて再び飲み始める(馬屋原地元の人(ぺぺさん)を連行も、リゲ裏話ピーク時に水差す)→馬屋原おごりでジョイフルへ→朝5時過ぎ就寝

2005.2.5(土)全九州クラブ選手権(別府市総合体育館)
選手:松井 大坪 馬屋原 荻原 近藤 渡邊 池根(真)西岡 西尾 相川 佐藤 高柳 古屋(勝) 柚木 嶋田(太)
応援団:シゲル 森(メリ) 平山ミノル 佐藤父母 古屋(奈) 池根(梨) 文谷 原田(沙) 荻カノ 井手チャンを始めとするTNCサポーター軍団の4人 池根(咲)
夜より合流:嶋田(剛) 大山 宮川(明日朝6時帰福)

【試合について】
○1回戦 リゲルス 96-73 博愛クラブ(宮崎1位)
(第1ピリオド) I相川、Q佐藤、M高柳、E西尾、F柚木→H近藤
 昨年と同様の相手との1回戦、今年は昨年のようなスタメンが試合に間に合わないという事態はない。しかし、序盤は相手のF、G、Nの3Pが高確率で決まった上、初戦ということもあり、チームは完全に呑まれてしまい、西尾のゴール下で加点するもリズムを掴めないまま12-23の11点差で終了。
(第2ピリオド) I相川→O嶋田、Q佐藤→J渡邊、N池根、E西尾→H近藤、F柚木
 第2ピリオドは調子の出ないエース高柳に代え、抜群の身体能力を持つ沖縄出身池根を起用。これが的中し、速攻からチームが流れにのった。相川のスチール、3P、西尾、柚木のゴール下、池根、近藤の速攻で点差を徐々に詰め、37-40の3点差で前半を終了。
(第3ピリオド) I相川、Q佐藤→L西岡、M高柳→G古屋、E西尾→H近藤、F柚木
 再びスタメンにメンバーを戻すとディフェンスが一変、しぶといディフェンスから相手のミスを誘い、また苦し紛れに打たせたシュートのリバウンドを取り開始5分間で相手を0点に封じ、逆にリゲは佐藤のジャンプシュートやインサイド、高柳の3Pなどで引き離し、また交代で入った西岡、古屋の活躍で64-50と14点差を付けて終了。
(第4ピリオド)O嶋田→M大坪、J渡邊→D馬屋原、G古屋→K荻原、E西尾→F柚木、H近藤→R松井
 第3ピリオドからの勢いは止まらない。古屋のジャンプシュートを皮切りに近藤、西尾が次々とゴールを入れる。古屋の得意のバンク3Pも決まり、最後は大坪、馬屋原、松井の年長組が試合を締め、全員出場、96-73で勝利。昨年のリベンジを果たした。

○2回戦 リゲルス 87-86 沖創建設(沖縄1位)
(第1ピリオド) I相川、Q佐藤、M高柳、E西尾→H近藤、F柚木
「1,2,3はんじょう〜」の掛け声から九州大会最大の難関、一昨年の全国優勝チーム(当時大米クラブ)沖創建設との試合は始まった。応援団が前の試合のビデオを撮っていたというファインプレーもあり、相手のマークマンを事前に把握できた。相手には2mの外人がいるがうちには自称フィリピン系のY木がいる。
 開始早々相手Mに決められてからは、相手の巧みなボールカットとインサイドを利用した攻めでなかなかリズムが掴めない。高柳が目を負傷しシュートが入らない上、インサイドもリズムはいいのだが点を取れない。また、想像以上にフィジカルが強いため体力の消耗も激しい。相手はNが入り、更にリズムを掴む。11-22の11点差で第1ピリオドを終了。
(第2ピリオド) I相川、Q佐藤→J渡邊→M高柳、M高柳→N池根、E西尾、H近藤→F柚木
 第2ピリオドに入り相川が冴え始める。西尾との合わせやスチールが見事に決まり、互角の展開。ゴール下では昨季東北大学リーグのリバウンド王柚木が前半だけでディフェンスリバウンド9個と頑張る。相手は外人をはずすがM、Nを中心に確実に加点。動きなく30-39の9点をリードされ前半を終了。
(第3ピリオド) I相川→O嶋田→I相川→Q佐藤、Q佐藤→N池根→G古屋→L西岡、M高柳→J渡邊→M高柳、E西尾→F柚木→E西尾、F柚木→H近藤
 再びスタメンにメンバーを戻し、もう一度リズムを掴もうとするがなかなかよくならない。高柳の3Pなどで踏ん張るが点差は縮まらない。しかし、インサイドで西尾が活躍、得点が入らない状態を救う。また、近藤、柚木もリバウンドを踏ん張る。
 疲れもあり、メンバーを細かくチェンジしたが代わった選手が集中力を切らさず古屋の3Pや柚木、近藤のジャンプシュートで徐々に点差を詰める。また、相手ファウルを利用したフリースローを佐藤、西尾、近藤らが確実に決め、54-58の4点差で終了。
 しかし、相川の足がつり、柚木が足をひねるというアクシデントで不安を抱えたまま第4ピリオドを迎える。
(第4ピリオド) I相川→O嶋田→J渡邊、Q佐藤、M高柳、E西尾→H近藤、F柚木→E西尾
 第4ピリオドに入り、ディフェンスが良くなる。インサイドを中心に踏ん張り一進一退の攻防が続く。終了14秒前1点差で西尾がフリースローを1本目決め、2本目をはずす(松井監督の顔が青くなる)。2点差でボールは沖創ボール、残り3秒相手Nが冷静にジャンプシュートを決め75-75で延長戦へ突入。
(延長戦) I相川、Q佐藤、M高柳、E西尾→H近藤、F柚木
 満身創痍の中迎えた延長戦、相手の外人のインサイドを中心に残り1分まで5点差が続くも相手に疲れが見え始め、近藤、柚木のインサイドで追いつき、試合終了15秒前1点リードで迎え相手がファウル、相川がフリースロー2本を落ち着いて沈め3点差、相手が最後ゴール下を決めて1点差となるも逃げ切った。
 延長戦は相手との根気比べの状態であったが集中力が切れずによく頑張った。ベンチや応援団のサポート、そして選手の意地がこの勝利をもたらしたとも言えるチーム一丸となっての感動的な勝利であった。

○十徳やにて打ち上げ(選手、応援団全員参加)→503号室で2次会&試合ビデオ上映
(トピックス)
・2回戦突破で明日試合があるにもかかわらず、リゲらしく激しくそして長い飲み会開催
・佐藤父母より志を頂く(かなりナイスなご夫婦でした!!)
・惜しくも2回戦で福太郎クラブに敗れた浦上自動車学校(長崎1位)よりサービス券を頂く
・古屋(奈)、池根(梨)、文谷、原田(沙)、林田の裏方女性軍大活躍(洗濯、食事等)
→特に1回戦の沖創戦のビデオを撮影し、2回戦対策を短い試合間で練ることができた。
・ちかちゃん勢いで飲み会だけ参加(早朝6時に帰福)!熱い!そしてほぼ徹夜で翌日出勤。
・剛さん、大山、次の日試合が見れて大喜びも、剛さんホテルで馬屋原に安眠邪魔され激怒
・真元、酔っぱらってメンバー大迷惑、朝まで高柳、かつまさ、太は付き合いグッタリ
・渡邊不調で朝5時にもかかわらず寝ずに部屋の椅子でオブジェと化す(部屋に入った相川びっくり!)
・池根(梨)、原田(沙)、林田、チカは女性部屋で朝まで井戸端討論会→就寝していた古屋(奈)のインフルエンザが女子全員に感染・・・

2005.2.6(日)全九州クラブ選手権(別府市総合体育館)
選手:松井 大坪 馬屋原 荻原 近藤 渡邊 池根(真) 西岡 西尾 相川 佐藤 高柳 古屋(勝) 柚木 嶋田(太)
応援団:ひかる 嶋田(剛) 大山 シゲル 森(メリ) 平山ミノル 佐藤父母 古屋(奈) 池根(梨) 文谷 原田(沙) 荻カノ 小野原 佐藤の妹 古屋母 古屋(尊) 井手チャンを始めとするTNCサポーター軍団の4人 池根(咲)

【試合について】
○準決勝 リゲルス 69-63 Spotty Crows(佐賀1位)
(第1ピリオド) I相川、Q佐藤、J渡邊、E西尾、F柚木→H近藤
 昨日の余韻と疲れ、そしてアルコールが残っての準決勝、全国大会へは3チームしかいけないという偽情報で何とか気合いは入った。昨晩、監督を始め嶋田剛、中学時代のライバル池根真元から説教をされ朝まで眠れなかった、全中を制しMVPに輝いた男・渡邊がついにスタメンで復活したこの試合。相手エースLを渡邊がどう押さえて試合を展開するかがカギとなった。
 しかし、疲れからか開始早々Lに3Pを決められ、チームもリズムを掴めない。インサイドが相手センター陣を封じ、相手ペースで16-17で第1ピリオドを終了。
(第2ピリオド) I相川→O嶋田、Q佐藤→N池根、J渡邊→M高柳、E西尾、F柚木→H近藤
 第2ピリオドに入り渡邊が徐々に調子を取り戻すもなかなかペースを掴むことができない。途中、流れを変えるべく高柳を投入するが足をひねり退場。昨日調子の良かった池根も酒が抜けず不調、酒に付き合ったシューター古屋もタッチが悪い。そんな中、相川の3P、嶋田の合わせ、西尾、柚木、近藤のインサイドでなんとかくらいつき、31-29と2点のリードで前半を終了。
  (第3ピリオド) I相川、Q佐藤→G古屋→L西岡、J渡邊→M高柳→Q佐藤、H近藤→E西尾、F柚木
 再度スタメンに戻し、得意の第3ピリオドだったがいつものディフェンスの良さが今日はない。ローテーションもうまくいかず相手ペースでの試合となる。さすが昨年全国大会に出場したチームである。Lに連続3Pをやられ46-49と逆転される。
(第4ピリオド) I相川、Q佐藤、J渡邊→M高柳、E西尾、F柚木→H近藤→F柚木
 リズムが悪い中迎えた第4ピリオド、一進一退の攻防が続く。自慢のインサイドが踏ん張るも相手との点差はなかなか縮まらない。残り1分30秒、5点のビハインドから柚木のゴール下、フリースロー、そして高柳のカットインで残り30秒に逆転に成功。最後は佐藤が冷静にジャンプシュートを決め、69-63で勝利を収めた。前日の疲れを考えるとよく頑張った。

○決勝 リゲルス 47-77 福太郎クラブ(福岡1位)
(第1ピリオド) I相川、Q佐藤、M高柳、E西尾、F柚木→H近藤
 史上初の福岡県代表同士での決勝となったこの試合、4回試合して一度も勝っていない状況の中、九州大会の勢いをそのまま試合に出せるかどうかに注目が集まった。開始早々、リゲのインサイドの要であり絶好調の国体選手西尾が福太郎M中園を相手に互角の戦いを見せる。アウトサイドも相川がL三友に思うようにシュートを打たせない。しかし、相手Jのシュートが入り出し高柳、佐藤のシュートが不調、柚木の怪我もあったが、13-23の10点差で何とかくらいつく。
(第2ピリオド) I相川→O嶋田、Q佐藤→N池根、M高柳、E西尾、F柚木→H近藤
 第2ピリオドに入り、ディフェンスが良くなり、西尾がインサイドで踏ん張り徐々に点差を縮め、一時は5点差まで詰め寄る。しかし、相川、佐藤の疲れがみえたところで投入した嶋田、池根の調子も上がらない。徐々に点差が開き、最後はLのブザービーター3Pという最悪の状態で前半を29-44の15点差で前半を終了。
(第3ピリオド) I相川、Q佐藤、J渡邊→M高柳、E西尾、F柚木→H近藤
 後半に入りディフェンスから点差を縮めていこうと思ったが、相手に傾いた流れは止められない。点差が25点ついたところで県大会決勝を湧かせたリゲプレス部隊(C大坪、G古屋、H近藤、L西岡、M高柳)を投入。流れが徐々にリゲに傾きつつあったが、ゴール下のシュートミス、パスミスなどのターンオーバーでせっかくの追いつくチャンスを逃してしまうも、40-58の18点差で最終ピリオドを迎える。
(第4ピリオド) I相川→O嶋田、Q佐藤→G古屋、J渡邊→M高柳→K荻原、E西尾→F柚木、F柚木→H近藤
 18点差を追う展開となった第4ピリオド、高柳のカットインが決まり出すも、流れにのった相手の攻めを封じることはできない。Lを始めとする3Pも入りだし万事休す。47-77の大差で打倒福太郎クラブを果たすことはできなかった。個々の能力では劣ってないものの、体力的な差がまたしても出てしまった試合であった。第2ピリオドで踏ん張ることができなかったのは全国大会での課題となった。

○福岡に帰り、はんじょうにて打ち上げ
参加メンバー:相川 佐藤 池根(真) 柚木 馬屋原 西尾 高柳 古屋(勝) 嶋田(太) 平山ミノル TNCサポーター軍団の4人 池根(梨) 原田(沙) 林田
・部屋の奥半分は合コン状態でノリノリ。
・勝将、大山に勝負を挑むもあえなく撃沈→いつになくアルコールを摂取した結果『悪マサ』となり、一気にスターダムに駆け上る。(相川・佐藤に「これが成長だ」と褒められる)
・近々勝将・240・渡邊による酒豪選手権開催予定!?(勝将、勝利宣言)
・ヤッシィ、久しぶりの酔いっぷりに周囲は鈍器での攻撃を警戒。
【総括】
はじめにこのチームのためにいろいろと動いて頂いた皆様、また応援してくれた皆様本当にありがとうございました。
この勝利があるのも選手の頑張りはもちろん、皆様が支えがあってのものだと思います。
チームを設立して14年、ついにクラブバスケ(5対5)で全国大会に行くことができました。
この大会を迎えるにあたり、福岡大会からチーム内ではいろいろと揉め事などありましたが、みんなで話し合いをして修正修正を繰り返し、昨年アクシデントで満足に試合ができなかった博愛クラブに勝ち、そして全国屈指のチームである沖創建設に勝てたのは全員一丸となってあきらめずに試合できたことが全てでした。
この試合はおそらくリゲ史上最高&感動の試合であったと思います。
決勝では残念ながら福太郎クラブに敗れましたが、また1ヶ月みんなで駄目出しをしながらバスケや飲み会が楽しめることができ本当に良かったです。
 これからまた全国大会に出場することで終わりではなく、勝ち上がっていくことを目標に頑張りたいと思います。




選手&応援団

↓写真をクリックすると大きくなります

試合終了後
表彰式。
#10相川選手と#7柚木選手
松井監督と大坪キャプテン
応援ありがとうございました!!