平成16年度福岡県一般クラブバスケットボール選手権大会


VS 福太郎(女子)

リゲルス
56
18  −  29
103
福太郎
11  −  14
08  −  27
19  −  33

 

 

2004.12.12(日)クラブ選手権(アクシオン福岡)
監督:相川、マネ:渡邊
選手:古屋(奈) 池根(梨) 原田(沙) 林田 文谷 小野原 安本 柴田
応援団:大山 シゲル 森(メリ) 末次 井上 八尋 宮川 荻カノ 男子メンバー
・残念ながら負けてしまいましたが、皆様からの熱いご声援とお気持ちに感謝しています。
来年に向けてまた努力いたします。ありがとうございました。

(試合について) リゲルス56 - 福太郎103
前半は小野原、池根のシュートを皮切りに柴田、安本、文谷が的確にシュートを決め互角の展開。
相手インサイド、速攻でリードを許す。しかも、チームの要である文谷の怪我によるアクシデントにより、不安を抱えて前半を終了。
後半に入り、ディフェンスをゾーン中心に変えるも、相手の高確率の3Pの前に点差は広がる。
怪我をおして文谷が出場し頑張るが、相手ペースをなかなか崩すことはできない。春のクラブ選手権で大活躍した原田もいつもの調子が出ない。
第4ピリオド林田の3Pが入るも間に合わず、力を出せないままの敗戦となった。
(総括) 春のクラブ選手権後、相川監督の下、4ヶ月頑張ってきたことは間違いなく今後につながるものだった。
結果を残すことはできなかったが、女子の頑張ってきた姿はチームのみんなにも伝わっていた。
負けたことで全てを失ったわけではないし、これからまた新しいリゲ女を築いてほしい。
今回の試合が終わりではなく、火曜日からの練習が再スタートです。
最後に、試合にあたっていろいろと努力をしてきたメンバー全員に拍手を送りたい。