'05.02.26〜28 第4回リゲインズ韓国旅行


 ※写真は近日公開!

メンバー:男性陣→松井崇祥、大坪勇三、馬屋原ヤスシ、西尾晋太郎、柚木毅 女性陣→古屋奈緒沙、末次尚子、原田沙千恵、三宅亜希子 計9名
 
【1日目】
(出発)
9:00に港に集合。
まだ酒が抜けてない飲み会明けの馬屋原、中途半端に飲んで寝た松井、そして練習後朝まで飲んでいた柚木 (西尾も飲んでないが徹夜明け)。そして、テンションが低い大坪、末次、三宅(緊張していたのかな)、 池根(梨)のおかげで遅刻しなかった奈緒沙、そして睡眠ばっちりの沙千恵、今回もみんなを見送ってくれて送り迎えまでしてくれた池根(梨) といった感じで旅はスタート。 出発ギリギリで船上員ににらまれながらも集合写真を撮り、バタバタ船に乗り込んだ。

(船)
船に乗るといつものように奈緒沙からの弁当が出現。これがまたおいしいのだ。(おばあちゃんが作った説もあるが)
完食し、爆睡に入った。しかし、想像以上の揺れに尚子がダウン。そしてマヤももらい下呂。。。

(到着)
お金を換金し、貸切バスで海雲台へ。まずは腹ごしらえ。『メスウシ』と書いてある焼肉屋へ入る。 気分があまり乗らないのか食がすすまない。しかしビールはがぶ飲みだ。
ここでビビンバとクッパを食べたが普通だった。次に満腹感を味わいつつ免税店へ。ここではそれぞれが香水などを購入。 奈緒沙が高い買い物をしたらしいが知ったこっちゃない。

(味見でカジノ)
明日いく予定のカジノに1時間寄ることになった。入ったところでできるものはルーレットしかない。 緊張しながらも全員で卓を囲みとりあえずやってみた。
予想以上に面白かった。マティーが当たり日で2万円勝ち、 女子は一人1000円出しの合計4000円を一万円にと微妙な勝ち。他は…明日頑張るぞ。

(アカスリ&マッサージ)
経験者の勇三は買い物へ、今回で3回目になるいつものお店で残りの8人は男性はサウナ+アカスリ+風呂+スポーツマッサージ+全身指圧+足つぼマッサージ、
女性はサウナ+アカスリ+風呂+よもぎ蒸し+うぶ毛抜き+全身指圧の2時間半1万コースを選択。
まずは男女混サウナから、大量の汗をかきながら負けん気の強い西尾が粘る。 残りの3人は弱気、早々と退場と思いきや、ギャルが入ってくるとマヤが「俺はまだ頑張る」と言い張った…そしてアカスリへと進む。
アカスリ初の柚木は大きな垢を「痛い痛い」と叫びつつ大きな裸体揺らしていた。 次は待ちに待ったマッサージだ。1時間くらいじっくり揉んでもらった。さっぱりなってさあ食事だ!

(焼肉・釜山カルビ)
この店は前回も来た店で、今回は炭火で焼いてくれた。 まずは豚バラ。韓国では一番ポピュラーな肉ということもあり、岩塩をかけて食べるそれは絶品だった。
次はいつもの骨付きカルビ、昼食べた店の半分の値段だ。(昼はぼったくりか!?)
かなりお腹もいっぱいになったところでマヤ提案の豚首肉を注文。しかしこれが失敗。まさにただの豚のしょうが焼きだった。 これなら豚バラを食べた方がよかったと苦情が殺到・・・。(マヤの責任問題。)
柚木はそこの店員さんにしつように韓国語で絡みだし、最初は相手をしてくれていた店員さんもあまりのしつこさに途中から無視。
帰り際柚木、西尾のビッグコンビは店の人に韓国語講座をしてもらった。そこで学んだ(開発した?)言葉「にしお〜しんたろ〜」。
満腹になったお腹で夜の静閑な国際市場を歩き、これから始まる夜の戦争の準備のためコンビニ向かった。

(コンビニ)
ジンロ、梅酒を買い占めつつ、皆乳製品を買っている。胃に膜を張るつもりだ。用意がいい。
大量のお酒を買い込みフロントに見つからないように宿泊先の国際市場メイン通りに面したフェニックスホテルへ戻った。

(韓国恒例ゲーム飲み会)
ついに始まった。戦場は勇三、柚木の禁煙コンビの部屋だ。
ベットをはぎ、ドアから漏れる声を防ぐように立てかけ戦闘開始。(国土交通省マティの壁厚チェックの結果、これでいけるだろうとの見解を発表)
スタートはマヤの「たけのこ、たけのこ、にょっきっき〜」。※他にもいろいろしたが、全体的にゲームは古め
梅酒から始まった一気はジンロに変わり…あき、尚子の息の合った「3にょっき〜」も笑えたが、 松井・柚木の一気コール(肩脱臼、横山ノックetc…)もかなり笑えた。
気付くと全員にそれぞれのテーマコールがついていた。
マヤに関してはコールの種類も多いが、尚子がマヤの中学の後輩という事だけで「マヤ・グル〜プ〜(リズムはアレグリア)」 と突然コールがかかり飲む羽目になったりもしていた。
しかし、あまりのドンチャン騒ぎに苦情が入り部屋を移動。
と、気付くとナオサが「悪サ」に変身。すぐにベッドと壁の間に挟み込み、カーテンで覆った。 すると「ゴボゴボッ」という音に240が気づき、ナオサを確認するとそこには最悪の光景が待ち受けていた…
が、いつになくテキパキとした処理班のマヤが迅速な対応で片づけ、事なきを得た。まだまだ戦闘は続く。。。
そのうち勇三も「悪三」に変身。さりげなく女性陣にとけ込む姿は圧巻。 さちえもジンロ恐怖症にも関わらず一気飲みを連発し「う〜気持ち悪い」と言いながら青くなる始末。
途中、マティーとマヤのガチンコ喧嘩が勃発→悪ゾウが本気で仲裁という場面に全員引きながらもゲーム一気は続き、
最後は全員バラバラの部屋で就寝となった。(おそらく朝の5時くらい)柚木はビデオを撮りつつ尚子にいたずらを働いていた。。。

【2日目】
(朝マック)
マティーが上下からリバーランズスルーイットでダウン。
韓国ドラマに大沢たかおが結構メインな役で出演していた。韓国マックは活気と笑顔がない。

(国際市場)
いつものお店に入ると、初めて見る店員(といっても怪しげななおじさん)しかいなかった。 去年顔見知りになった社長は休みだったらしい。
しかし初対面にもかかわらず柚木は巧みかつ強引、しかもかなりしつこい交渉術を発揮。 値切りまくりで全員の買い物の士気を上げる。さちえも今回は衝動買いが珍しく少ない。
あき、尚子のB型コンビは相変わらずマイペースで買い物を続ける。勇三は靴屋に行くと相川、高柳に頼まれた靴を悩みつつも購入。 これが帰りの大荷物となり誤算だったが、勇三のブランド知識は相変わらずすごかった。 途中、バラバラになり買い物を続ける者、ホテルで休む者等分かれて行動をした。

(うなぎ)
添乗員のチャンさんに紹介されたうなぎの名所に向かった。 日本語が通じず四苦八苦するも何とか日本語が通じる料亭を見つけ入ることにした。
刺身をあたらないかな〜と思いつつ食し、メインのうなぎを前回同様特注で白焼きにしてワサビ醤油で食した。絶品だった。 次から次に出てくる料理にお腹もパンパン。
焼肉ではない料理をこれだけ満足して食べることができたのは今回が初めてだった。
ちなみにこの店の女の子に柚木は一目惚れをしていた。

(カジノ再挑戦)
昨日のカジノにリベンジ?に行った。全員のやる気は満々。ルーレット席を占拠した。
まずは柚木が抜群の調子をみせる。その問い面で尚子が36倍を淡々と当てていく。 しかし、他のメンバーはなかなかチップを増やすことができない。
そうこうしているうちにすごいやつが現れた。 百万円単位で勝負する男(通称・スター)だ。こいつが来たおかげで場の空気が張りつめる。
しかし、こいつはすごい、まさにコリアンドリームだった。 運気を吸い取られた柚木は次第に勝ち分を使い果たして…結果、尚子がコリアンドリームを勝ち取った。
時間もいい時間となり、全員で話し合って最後の大勝負に出ることにした。 1人千円ずつ集め、調子の良い柚木に3倍箇所に一点買いをした。当たればマヤがそれを3倍にする予定だ。 全員固唾をのんで見守った。しかし無情にも…
タクシーでホテルへ戻った。

(2日目飲み会)
部屋は昨日と同じあき&尚子部屋。部屋の状態も同様。飲み会は深夜1時からスタートした。
昨日の疲れが残り、ゲームはせずリゲ裏話や様々な話に華を咲かせた。韓国旅行にしては7年前の第1回以来の落ち着いた飲み会だ。
酒もさすがにジンロは未購入。正解だった。そうこうしているうちにあきがダウン。
残ったメンバーで尚子提案のYes,Noゲームを始めることにした。 全員思い思いに質問を紙に書いていき、他の人にわからないようにYesかNoかを回答する…かなり盛り上がった。 この内容をここに記載できないのは残念だ。
気付くと時間は午前6時、まだまだ話したりないが次の日を考え寝ることにした。 でもなぜか心地良かった。柚木はまだ飲んでる…すごい。

【3日目】
(買い物)
午前10時半、奈緒沙、西尾、沙千恵で目を付けていたオムレツトースト(100〜150円で絶品!帰国前に尚子&あきも食しに行き大満足。) と、2日目に行ったいつものかばん屋へ向かう。かばん屋へ着くと、去年顔見知りになった社長さんが! 社長さんも覚えており、世間話がはずんだあと、いきなりドーンと値下げをしてくれた。 そして目的の買い物終了後、その社長さんとの別れは名残惜しいものがあった・・・。
一旦ホテルへ集合し、全員でおみやげなどをホテル出発時間まで買い物へ。
マティ、柚木、西尾、沙千恵はNBAのレプリカユニフォームを買いに行った。 マティは上下セットをお得な価格で購入しご満悦。 柚木も気に入ったものを購入し喜んでいたのもつかの間、実は近ちゃんがすでに購入していたものとかぶっていたらしい。

(池根家)
行きの見送りといい、帰りも咲良同伴で梨佳さんがお迎えに来てくれた。ほんとにありがとう。
と、帰ってきたにもかかわらず、池根家で韓国旅行ビデオ上映会を早速依頼。なんとずうずうしい連中だ。
大山を加え、旅行のビデオをみんなで鑑賞。もちろんビール片手に。最後まで笑いの絶えない旅行でした。
池根さん、いつもすみません。。。

【総括】
今回で4回目を迎えたリゲ韓国旅行だが、やはり4回目ともなるとクオリティーが非常に高い旅となった。
正直これほど韓国を満喫できた旅行は企画全てを担当してくれたなおさのおかげでもあるし、 全国大会でお金がかかる中参加してくれたメンバーのおかげでもある。
また、常連外の柚木、あき、尚子の活躍も光った。新規メニューでカジノも加わり、新しい発見もあった。
帰る際はなんとなく寂しい気持ちがしたのは、旅行がそれだけ楽しかったということと、長い時間みんなと時間を共にすることで家族的な気持ちになったのだろう。
近々また行きたいものである。まずはお金を貯めることが大事だ。お疲れ様でした〜。