チーム・・・
チームを見てふと思うことがある。大学や高校を卒業した人でプロや実業団
に行っていない人でクラブにもいない人はバスケをもうしていないのだろうか。

クラブバスケの世界に入ってもう20年になるが、クラブでバスケをやっている
人は本当にバスケが好きなんだろうと思う。じゃないと続けているわけがない
のではと。

だからこそ、このクラブバスケにはドラマがたくさんあると思っている。


そして、伝統があるチームは多少の浮き沈みはあるにしてもそこにはそのチーム
の人にしか分からない「思い」があるのだろう。

以前、COMIXの三角さんについてのことをブログに書いたことをCOMIXの先輩であり、
審判でもお世話になっているカツキさんが読んでくださって、そういう話をさせて
頂いた。

チームへの思いほどクラブバスケにとって大事なことはないと思う。

長くいるからというのも1つの思い、バスケが合うから、飲み会が楽しいから、いろいろ
思いはある。

そういうイデオロギーのぶつかり合いが試合を盛り上げると思う。

そういった意味で来週の旭桜クラブとの試合はリゲルス20年以上の伝統を持つ
チームとのまさにイデオロギーのぶつかり合いになる。

チームを続けていくことの難しさを知っているチームだけに、まとまりができたときの
破壊力はすさまじいものがある。

今のリゲルスに不足している「まとまり」が夏クラでできるか、それは一人一人の気持ち次第だと思う。
| バスケット | 08:49 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<< 01 - 2018 >>
PROFILE
OTHERS