第75回 クラブ連合対九州電力
会場に着くなり会場には今年のリゲルスの九州大会行きを阻んだ男たち、バイゴンズの野中君と阿南君が準備をしていた。昨日の夜、野中君を通じて阿南君を誘っていたが、昨日の今日でまさか来てくれるとは正直嬉しかった。そして、リゲの中心である近藤もバイクで登場。篠原も後から来るとのことで、リゲルスを支える欠かせない男たち、大山、たかひろ、真元、シンヤ、西尾、シゲル、そして福太郎の顔とも言うべき笛田君、那珂川クラブのエース廣田君とこれ以上ないメンバーが揃った。また、柚木から彼も入れてくださいと頼まれたのが、先月までライジング福岡に所属していたヒルキ謙司選手。人数が少なくてまずいと思っていたのを覆すだけのメンバーが揃った。

九州電力さんも2月7〜9日まで神戸にて行われる実業団選手権に向けての合宿中で、その成果を試す意味でも負けられない試合だった。

審判も宗像シーレックスの伊藤さんを始め、かつきさん、中島さんに来て頂きガチンコ勝負となった。

とりあえず、メンバーはだいたい顔見知りだったのであとはどれだけ遠慮なくできるかがポイントであった。私もできる限り円滑にチームがいくように、そしていい試合になるようにメンバー構成などを考えていこうと心がけた。そして試合開始。

スタメンはクラブ連合→廣田、野中、近藤、笛田、西尾、九州電力→長澤、柚木、平山、中川、根岸(敬称略)。

開始早々、根岸君の鋭いカットインが決まるもすぐさま廣田君のドライブから西尾へのアシストという度肝を抜くプレーからスタート。しかし、この試合を支配したのは九州電力の鍛えられたディフェンスだった。第1ピリオドから当たりの激しいディフェンスを仕掛けてくることで、高さ的に優位なクラブ連合をゴール下に近づけない状況とさせ、クラブ連合もキープ力のあるメンバーが珍しくターンオーバーをするなどそれくらいディフェンスは効いていた。中盤以降は阿南君や篠原、ヒルキ選手を投入するも状況を打破するまでには至らなかった。

第2ピリオドに入り、途中からリゲルスを中心としたメンバー構成をするも中盤は互角の展開であったが、最後は25-40と15点のビハインドとなった。リゲルスとしては、ここでのシゲルの安定感は次につながるものがあったのではないだろうか。しかし、クラブ連合が25点しか取れない九州電力のディフェンスには目を見張るものがあった。

追いかける形となった後半、選手も徐々にペースをつかみ始めるも10点差がなかなか縮まらなかったが、その中でも野中君、廣田君を起点にしての笛田君、阿南君、近藤への流れをつかんだ速攻の連続にはクラブとしての意地と今流れを掴まなければ追いつかないという経験を感じた。随所で個人として良さがでてきたピリオドであった。

そして、迎えた最終ピリオド。

第3ピリオド終盤で篠原の柚木に対するボールカットから掴んだ流れは第4ピリオドも続く。野中君、笛田君、阿南君のバスカンやシュート体勢でのファウルなどで流れは完全にクラブ連合。彼らのそのプレーはさすがだった。しかし、フリースローが入らない。普段確実に決めている選手が珍しくはずしてしまい、その間に効果的な3Pを決められ万事休す。特に、10点差で流れを掴んだところの駄目押しの長澤さんの3Pは痛かった。

結局、最後に近藤が3Pを決め64-76で敗れたものの、いい形で締めくくれたのではないだろうか。そして、九州電力さんの実力アップを痛感するとともに、クラブメンバーとしては刺激のあるいい試合になったのではないだろうか。

私個人としては夢のようなチーム、また組んで試合をしたいと思いました。

参加してくれたメンバーの皆様、応援してくれた皆様、ありがとうございました。
そして九州電力さん、是非実業団選手権優勝という吉報をお待ちしております。

また、当日忙しい中観戦に来て頂いたhi_majinさんのブログにも試合の模様が掲載されております。クラブバスケを応援して下さっていますので、是非一度ご覧下さい。

http://wanderer.blog.bbiq.jp/blog/2009/01/index.html




| バスケット | 00:34 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://combats.dip.jp/regains_html/blog/matty/blogn/tb.php/186
トラックバック
トラックバックはありません。
| | |

CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
<< 11 - 2017 >>
PROFILE
OTHERS