第62回 県総合
週末は年一度の福岡バスケイベント「県総合」だった。

実業団、クラブ、高校生、今年は出場してないが大学で福岡一を決める大会。

今年は大学が出ていないためなんとなく寂しい気もしたけど、やはり高校生がいることで大会は盛り上がった。

リゲルス女子は女王福岡クラブを相手に終盤5点差まで詰め寄る健闘を見せたが、残念ながら敗戦。しかし、まだまだ可能性を感じる試合だったと思う。

雰囲気も良かった。




リゲルス男子は、中村効果で走るバスケが浸透し高校生相手に大差で勝ち、準決勝まで勝ち残った。この試合、私、マヤ、勇三の33歳トリオも頑張りを見せれたので良かった。

ただ、残念なことにキャプテン渡邊、シューター相川に加え、この試合でセンター篠原が肉離れを起こし主力3人が出場できなくなった。私も諸事情で人吉に帰らないといけなくなり、信頼をおく後輩の大山に指揮を託し打倒福太郎クラブを選手に託した。

篠原が出場できないことでマルチになんでもこなすことができる高柳を、そして渡邊に代わり私と同級生の勇三がスタメンでコートに立った。

ここからは聞いた話によるけど、第1ピリオドで気づいたら13-26と13点のビハインドを背負う。この気づいたらというのが福太郎クラブの怖さ。チームとしては悪くないのにあれよあれよで点が離れる。。。

しかし、第2ピリオド以降は互角の展開だったらしく、特に後半は42-40とリゲルスが勝ったとのこと。終盤は1ケタ台までつめた時もあり、最終的な結果は71-87であったけどみんなが意地を見せた試合だったのかなと思う。大山も冷静に指示を出してチームを牽引してたと聞き感謝している。そしてベンチメンバー、応援をしてもらったメンバーにも感謝です。

チーム全員で戦った県総合。メンバーの成長を感じた2日間であった。

ただ、まだ今年は終わっていない。

今年もここから再スタートしてほしい。


と、もう一つの準決勝。

九州電力対福岡第一高校。

この試合は全国の誰もが注目するカードではないだろうか。2年前は中川直対並里くんのガード対決で話題を呼んだが、今年は全く予想がつかなかった。

九電には仲のいいメンバーが多いし、チームとしても練習試合等でお世話になっているので、圧倒的な強さを見せてほしかったというのもあった。

リゲルスの速報と同時に別の友人から九電の速報ももらっていたが、開始から第一が10点をリードする展開。試合は残念ながら終始点差が変わらずの敗戦。試合後、柚木にも話を聞いたがとにかくショックは大きいようだ。しかし、柚木、稔、直のトリオ、そしてエース伊藤を中心に社会人大会、九州総合そしてAJと活躍を本当に期待している。

特に中川直之のプレーにはいまだ色褪せない「華」がある。

是非、熊本の方は11月8、9日熊本市で開催される九州総合でそのプレーを見てほしい。


(会場にて)

今回は杉原姉妹。お母さんがんばってまーす!!






(お知らせ)

○ライジングの試合をインターネット「bjtv」でも会員登録すれば無料で見られ
ます。

http://www.basketballjapantv.com/


○「LEGEND」のHPにて公開されているムービーにてぬまさんがリゲロンTを着て出演している映像がありました。

http://www.streetlegend.jp/legend/movie/index.html
| バスケット | 17:58 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://combats.dip.jp/regains_html/blog/matty/blogn/tb.php/173
トラックバック
トラックバックはありません。
| | |

CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
<< 11 - 2017 >>
PROFILE
OTHERS