第28回 元気
今日が東京に行く前の最後の練習だった。元々この火曜日の練習を私が始めたのだが、昔からこの火曜日の練習が本当に楽しみだった。高校の頃は週1回だったのでなおさら楽しみだったが、いつものメンバーに加え、ゲストで来る選手がいたりするとすごくワクワクしたものだった。そういう中でも、メンバーは楽しく元気な空気をみんなで作り出していた。だからここまで続けてこれたのだと思う。

しかし、最近はどうも楽しく元気な空気がない。試合の中で声すら出ないし、いいプレーがあっても拍手もない。あまりにも寂しい現状だと思う。特に今日は元気な選手が少なかったのもあるだろうけど、私が声を出そうと言っても相川が反応してくれるくらいだった。誰かが作るだろうという人任せな空気、そして自分が空気を悪くしていることに気づかないといった状況が今日に限らず最近は目立つようになった。これは男子だけでなく女子もそうだ。

うちはクラブチームである。いかなる状況であれ、せっかく時間を割いて練習に来たら楽しんで帰ってもらいたい。
昔とは違うかもしれないけど、今のメンバーで作り上げてきたいい空気をみんなで声を出し、盛り上げて作れたらと思う。そういう元気が練習に参加する人数が少なくても、今のチームに必要ではないかと思う。
| 監督 | 01:41 | comments (0) | trackback (x) |
第16回継続
チームは昨日の練習からラリーバードという中川直伝の練習を始めたらしいです。私もやってみたかったののですが、相当きついようですね。倒れそうな人も出るぐらいですから。でもそれを継続することが大事だと思います。特に1日2試合をこなすにはそれだけの体力がないと厳しいと思いますし。あと、練習で試合等が終わってからやるので、やりたくない人にも迷惑はかからないし、時間も3分だし。ただ、私もやったことがないので、やったことある人から見れば「やってみろよ」って世界だと思いますが・・・とりあえず、練習で試合をする前と後で迷惑がかからないように工夫した練習をやってもらえたらみんな協力すると思うので、人任せにせず、進んで地道に継続してもらえればと思います。

と、先ほど人吉から私の実家経由で和白の自宅に嫁子供を連れて帰ってきました。祖母も入院しているのですが、会わせるとかなり喜んでいたので良かったです。しかし、我が子ながら、非常に大人しい子で人吉から実家に着くまで1回も泣かず、ストレスが溜まらずによかったです。おそらく嫁に似たのでしょう。。。この先は分かりませんが、大変なのは嫁なので少しずつ協力していければと思ってます。そのうち時間ができたらうちに遊びに来てください。しゃべらないので今のうちが一番いいかと思います。なんてな。

| 監督 | 22:49 | comments (0) | trackback (x) |
第13回練習試合
昨日は九州国際大学と九州電力という大学と実業団の九州トップチームとの練習試合。結果は惨敗でしたが、ものすごくチームにとっては課題が見つかった試合だった。最近は公式戦以外は練習も含めてメンバーが全員揃うこともないため、こういった練習試合もその時いるメンバーで試合することがチームにとってはものすごく勉強になる。昨日は佐藤、相川を中心に作戦盤を使った指示でメンバーもやるべきことが分かり試合もやりやすかったのではなかろうか。私も監督ではあるが、プレー面は出場する選手の意向を重視しているためこのような作戦盤を使用した選手達の指示はものすごくチームには効果的かつ意義のあるものであった。まだまだ、選手間でのコミュニケーションは不足しているが、試合中でも練習中でも、また飲み会中でもどんどん話し合ってやってほしい。これには年上も年下、練習に来る回数は関係ないと思うので、話せるメンバーを中心に、また、聞くことも大事なので、分からないことはどんどん聞いてほしい。私も経験があまりないため、後輩達には監督のくせにこんなことも知らないぜと思われることばかりだが、どう思われようと関係はない。チームが強くなればそれでいいから。

昨晩の飲み会も試合についてチーム内で熱く語ることができた。もちろん私についても多くの批判があった。確かに嫌な思いはするけど、最後に笑うことができれば今はどれだけメンバーに批判されようがいいと思っている。言い合いをして険悪になったとしても、最後にあの時はすまんかったと言える関係が本当の仲間だと思うし、それがリゲだと思っている。本気で相手のことを考えてるからこそいろいろ言われるのだと思う。だから、メンバーにも逃げずにたくさん壁にぶち当たってほしい。

来週また九州電力と試合をする。昨日の試合の反省を踏まえて同じ方向性を持って試合したいと思う。昨日の試合に来ていないメンバーは昨日の試合のことを相川、佐藤たちに確認して試合に来てほしいと思う。これから試合間にはみんなから意見を聞こうと思っているので、思ったことは口にしてほしい。もちろん、その代わり私の話はコンパクトにするので・・・
| 監督 | 15:50 | comments (0) | trackback (x) |
【重要】県総合のメンバー選定について
県総合のメンバーは9月3日(日)の試合終了後決定します。
夏のクラブ選手権の結果はもちろん、これまでの実績、8月27日、9月3日の試合内容は重視しますので、できるだけ都合をつけて来るようにお願いします。練習もできるだけ参加して下さい。
| 監督 | 17:22 | comments (0) | trackback (x) |
第3回リゲルス
リゲルスを率いて4年になる。もともとはバスケを楽しむために結成したチームが大きく変貌したのがこのチームを結成してからだ。チームを結成するにあたって、私は12年触れることのなかった公式戦というものに触れるにあたって一つの不安があった。勝つためのチームを作ることは私が大事にしてきた人間関係を崩してしまうのではと・・・正直ひとつの賭けであった。事実、この4年間にチームを離れた人もいるし、人間関係も崩れたこともあった。しかし、古き良き時代を知るメンバーはもとより、このリゲルスから参戦してきたメンバーの頑張り、思いは私の想像以上であった。毎回試合をするごとにたくさんの問題は噴出、メンバー同士の喧嘩、監督に対する抗議等、正直耐えられないこともあった。今もそれは変わらない。しかし、勝つためのチームを作るという一つの目標を定めたことで、妥協は許されなかった。私はこのチームを強くするために、メンバーを切ったこともあった。しかし、そのメンバー達は今も練習には来るし、試合の応援にも来てくれる。関わる全てのメンバーがこのリゲルスというものを理解してくれ目標に向かって何かの役に立とうとしてくれている。これはリゲの歴史の中での古き良き時代にはなかった。勝つことが一番大事とは思わない。しかし、勝つために努力することで間違いなくバスケットは楽しくなった。上手い下手関係なく、努力をする人に対するメンバーの対応も変わった。私はこのリゲルスを始めて、メンバーの成長が本当にうれしい。クラブなので社会人としての主の顔をもつメンバーが、勝つために作ったこのチームで、勝つだけではなく本当に大事なものを見つけてくれたことがこのチームを作って良かったと思える一番のことだ。私にこれからどれだけの時間があるかわからないが、どうにか一生語れる思い出をみんなに作らせてあげたいと思う。選手同様、私も監督としてやれることはやる努力をしたいと思う。
| 監督 | 00:16 | comments (0) | trackback (x) |

CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
<< 11 - 2017 >>
PROFILE
OTHERS