第18回 末っ子のぼやき
オッパッピ〜(^-^)ノ~~この度、松井さんからのオファ〜から今回ボヤかせてもらう事になってしまった♀嶋田家末っ子の腹グロ王子です★しかし、ほんとボヤく事がないんすよね〜。仕事しかしてないもんで…てか、みなさん元気しとるんすかぁ!?かれこれ、リゲに行く暇なくなってから一年くらいになりそうっすからね(;□;)!!ほんとアーリー(早い)っすねぇ〜。もう『どんだけぇ〜』って感じっす(≧ε≦)でもビリーブートキャンプに入隊したんで、いつでも復帰できる用意はしてるんですけどね(^^ゞそれがいつになるかは、わからんすけどね…まぁシレ〓っと練習に顔出すんで、そん時は温かく出迎えてくださいね(⌒〇⌒)では、では、おつかれっしたぁ(≧▽≦)ゞ
| 個人的 | 10:40 | comments (0) | trackback (x) |
第17回 つなぎです。。。
さて、チカさん以来ブログが滞っておりますが、もうじきオーソリティ3on3全国大会のブログが来ることを期待しつつ夏休みに入ろうかと思っておりますマティです。

しかし、オーソの全国大会は残念でした。大山が中川直、伊藤の九電コンビを引き連れて挑んだにもかかわらずの敗戦は、毎年レベルが上がっていることを感じますね。高柳が出ていればまた状況は変わったかもしれないけど。でも大山も面白かったと言ってたし、女子も1勝したし、いい思い出ができたんやないかなと思います。

オーソの全国大会も今は名古屋だけど、数年前は東京であってたんでテルやオガピロなんかのオールドメンバーも集まって、ほんと楽しかったなーって思います。今は応援にも行けない状況になってしまい、若い人たちには今のうちにいろんなことにチャレンジしていい思い出を作ってもらいたいなと思います。

先週はインターハイやオリンピック予選など様々な大会がありました。悔しい結果が続き残念でした。しかし、また県総合であの第一高校とかと試合すると思うとぞっとしますね。選手のみんなには日程調整と体力づけは頑張ってほしいです。240とシノにはもう一つ仕事があるのでよろしくね。

とりあえず、8日〜11日まで福岡に帰省する予定なんで久しぶりに金曜のバブルスの練習には行けそうなんで楽しみです。バスケするのはGW以来なんでまともにできるか心配ですが、楽しみたいと思います。また、TAOにさらっと出現しようかな。最近、ストレスが溜まり気味なんで、熱く語りたい方は待ってますね。

もうすぐ国体の九州予選も始まります。240とシノは全国に行けるよう頑張ってください。練習の人数も少ないようなんで、残ったメンバーでこの夏しっかり練習しましょう!今頑張り時なんで。少ない時は少ないなりにたくさん練習できるし、そういう面も生かして悔いが残らない1年になればと思います。

ではでは、リゲメンのぼやきの投稿お待ちしております。誰でもオールタイムオッケーです。
| 個人的 | 23:41 | comments (0) | trackback (x) |
第16回 ニートのぼやき
今回ぼやかせてもらいます、暇人チカです(。・ω・。)ノ"
毎日ヒマなのに、右足ギブス&松葉杖になってしまい、ますますヒマしてます。バスケ中の怪我ならまだしも、足の運動と思って足首回したらバキって…
ね、バカでしょ?
ほんとただのバカです…

こんな私ですが、リゲに来だして早いもので丸3年がたちました。

3年前、長く付き合っていた彼氏と別れ、仕事にも余裕があり、バスケしたいなぁと思っていました。
そこに、国籍不明の柚木くんが出稼ぎ先からタイミングよく帰って来たのです!


注)この写真はまだ高校生の私たち!懐かしかったので載せてみました。柚木くん…あっ、髭が薄い!?

バスケ出来るところ教えて〜と頼んでリゲを紹介してもらいました。
ドキドキしながら、リゲ練習に初参加!ハイテンション娘・さちえさんや貴子さんに声をかけてもらい緊張もほぐれ毎回楽しく参加してました。
あの頃ちょうど、同じ歳の仲間が数人いたような…アキチャンとかメグミチャンとか。いつの間にかいなくなっちゃいました(´・ω・`)
でも私はしぶとく通いつめ、翌年度、クラブ選手権のメンバーに誘ってもらい今に至ります。
なかなか納得のいく結果は得られないけど、この歳になってまで一つの目標に向かって頑張るのはいいことだし、他では味わえないですよね。
リゲに来てからは、バスケだけに限らず楽しいことだらけです。たくさんのイベントや飲み会、いつもお腹が痛くなるくらい笑えます。女子のみなさんには個々でお世話になりっぱなしです。
なおさねぇさんには、おいしいもの食べに連れていってもらったし、的確なアドバイスをいつもいただきます。リカさんとさちえさんと三人で車の中で恋?人生の暴露&相談大会したり、ガツヲさんとガストオールナイトフィーバーしたり、林田と朝まで遊びまわったり、ゆうことは…いろいろ(笑)牧子さんはいつも優しくて救われます。。。ゆかは同じ歳なのにしっかり意見をくれる。たまに変だけど…
男子のみなさんにもアドバイスをたくさんいただきます。
なぜか、カップルの間に入ることが多かった私ですが…みんなに出会えて本当に幸せです・

ニートになってよく思うんですが、暇って忙しい中にあるから嬉しいんですよね。
毎日暇だとなんか物足りないんです。
頑張った後に飲む生ビールが格別においしいのと同じような感覚?忙しい中うまく時間を作ってバスケに行けるといつもより嬉しかったり、遊びに行けると嬉しかったり、ぼーっとする時間が心地よかったり。
なんか、全部似てるなぁって思うんです。
やらなくてはいけない事に追われながらも、やりたいことをやれる瞬間がなによりも幸せってことですかね…
自分の時間を大切にして、練習に参加できる一回一回を大切にして、みんなと話す機会や飲み会を大切にして、冬こそ勝つぞ〜!

ってことで、みなさんこれからもよろしくお願いします!

ニートのぼやきでした。




ちなみに…

そんなに似てますか?

| 個人的 | 00:25 | comments (0) | trackback (x) |
第15回 つなぎです。。。
現在ぼやき待ちなんで、マティがつなぎをさせていただきます。ぼやき待ってますねー(^^)

まずは、シノ、なおちゃん、ベビー誕生おめでとう!シノに似た元気なお子さんですね。成長はすごく早いし、リゲにはたくさんの先輩ママ、パパがいるのでいろいろ聞いて楽しんでくださいね。なおちゃんもほんとお疲れ様でした。


さて、そういえば今週末はオーソリティの3on3全国大会ですね。今年は、女子が見事出場を果たすので楽しみですね。まきちゃん、がつお、ちか、はやしだ、しっかり名古屋でうまいもん食べていい結果を残してこいよ〜。
男子も最終的に誰が行くのかは知らんけど、とりあえず中川直と伊藤くんの九電コンビがいれば間違いなくいけるでしょう。大山監督の采配を期待してます。ってか順ちゃんも2年ぶりに行くのかな?ちなみにヤマと伊藤くんは仲いいんだっけ?
とりあえず、せっかくの全国大会だし、盛り上がっていきましょう!柚木は結局メンバーから漏れたのかな・・・残念。

最近、PRACTICEを見てたらうれしいメンバーの名前がありました。それは小林さんです。彼は高校の同級生で、私は一般生で部活をせずに今のチームを作ったのですが、彼は大濠バスケ部のスター選手でウインターカップで優勝した超有名な選手です。その小林さんがリゲに来るなんて感激でした。(当時は、伊藤や佐藤、柴田といったメンバーとは一緒にバスケしてたけど、彼らはもうやってないだろうなー)まーでも、今一緒にやってるメンバーも大濠のキャプテンやったメンバーもいるし、インカレとかで活躍した選手もいるし、すごくなったなーなんて思うけど、ここまでミーハーな私もどうかなって感じですね。小林さん、また来て下さいねー。

最近は、宗像の小田さんもそうだけど、同年代の方々がどんどんクラブの試合とかからも引退しています。少し寂しさも感じるけど、まだまだ頑張ってる同年代もいるので私も負けられないなーって思います。とりあえずはメタボ解消して、体作ってからかな。(ビリーとウォーキングで7kg痩せたけどまだまだ肥満です・・・)

最後に、チームとしてもケガや仕事とかでかれこれ2年くらいベストの状態で試合をしてないなーって思います。結果はベストだったからといって変わるものではないと思うけど、悔いを残さないようにするためにもみんなで支え合いながら頑張ってほしいなって思います。努力を継続すれば必ずいい結果につながると思います。
| 個人的 | 00:07 | comments (0) | trackback (x) |
第14回 近況報告!
お久しぶりです。みなさん元気っすかーーーーー??
ヤマシです!昨年度は大変お世話になりました。

福岡を離れて早3ヶ月が経っちゃいましたが、東京(千葉)で羽を広げてはばたいて、新生活を楽しく過ごしています♪

それから、どっかの誰かと一緒に飯を食わないおかげで、あっという間に10Kgの減量にも成功しました!!
もちろん体調は良好です♪

そんなわけで軽い近況報告を致しますと、まず3ヶ月の研修が終わり、7月より東京タワー歩いて10分のところに配属が決まりました!!

そして、只今「飛び込み営業」を基本に仕事をやっています!!

そんな営業をしてるんで、現在、軽く5件ぐらい客先でキレられました...。

「警察呼ぶぞ?!」

とか言われてます...。

どうやら僕は押し売りらしいです(^^;

だけど、今のところはそんなこともいい思い出だと思い、めげずに楽しみながらやってます♪
まー僕にとってそんな感じで飛び込み営業自体は特に問題ないんですが...

僕が担当する地区がまさかのオシャレの街“青山”になってしまいまして...
オシャレとは無縁の僕には場違いな場所になっちゃったなぁと...困惑してます。

だけど、とても良い先輩達にも恵まれ、結構充実した社会人生活を送ってるのかなぁと感じています!!

やっぱ都会に来たなぁーって感じるのは、営業で回ってる途中に、鈴木紗理奈・宮川大輔といった有名人とも軽ーく遭遇したりすることですかね(微妙ですね)
六本木らへんをチャリでグルグル回ってるんで、これからもどんどん会いそうな予感です!
後は、Suicaを使って通勤してることっすかね??

それと最近ちょっと標準語にもなりました(^^;

バスケの方も、会社で運営しているレッドアルファーズっていう実業団のチームでやらせてもらってます。
週に1回しか練習がなくて、毎週バテバテです。
体力ガタ落ちですよ...。

しかし目標はとりあえず全国大会出場ってことで、コナミスポーツで地味に燃えてます!!
いつか九電と試合が出来たらいいなーって思ってます。

んで今年、チームで福岡遠征(旅行?)or北海道遠征(旅行?)するらしいんで、福岡遠征の時は何かとヨロシクお願いします♪

以上!近況報告でした!!

ではではークラブ選手権、頑張って下さい〜☆☆

それから、写真があんまりなかったんで、とりあえず仕事中に撮った東京タワーの写真です☆

| 個人的 | 08:41 | comments (0) | trackback (x) |
第13回 はやしーのぼやき
今回、ぼやきを担当致します、相パパ大好きはやしーです。

まさかまさかあたしに依頼が来るとは思わず・・・何をぼやいてみようか。。。
そろそろ将来の事を考えていきますか(笑)ねっ!!相ぱぱァ〜!(想いよ届け〜)

最近の話といえば、家族編
おとんに彼女ができて、会う度なぁんか気まずい感じがするのはぁどこのどいつだぁ〜い・・・あたしだよっ!(パックってすみません)
そりゃ、独り身だから、彼女の1人や2人、いてもおかしくはないですけど・・・娘の気持ちとしては大変複雑ですよねぇ。


弟のS治は、家に連れて来る女の子が毎回違う!(最近あんまり連れて来ないけど・・)違うだけならまだしも、たいていの子が挨拶もせず、弟の部屋へ。帰りも帰りで、リビング素通り玄関へ。
せめて挨拶くらいはしてほしいですよねぇ〜!

家のテレビの話ですが、徐々に成長している模様。
何度も言いますけど、渡辺さん!うちには差上げれるようなテレビはありません!!
ご了承下さい。

家族の話もさて置き、バスケの話をしたいと思います。

高校時代の話

私は福岡市内のとある女子高で毎日バスケに明け暮れていたわけですが、何がびっくりって、色んな意味で先生にびっくり。でも慣れるもんですね(笑)
入学して先輩方に色々教えられました。挨拶・礼儀・行動・発言・・・など等。

特に要注意なのは発言!は○む・ヒ○ル・はん○ゃ・す○るなど、数々の禁止用語!

本人が自ら禁止用語を言った後の微妙な空気と言ったら、笑うに笑えない・・・高校生には辛すぎます。

跳んだり跳ねたり走ったり、風の強い日は1番神経使ってたあの頃が懐かしいです。
嫌でも通過しなければならない道・・・気を使うのはいつも部員でした。
初めての寮生活。最初の1週間は修学旅行気分、時が経つにつれて、ここは“ろう獄か!”と思う程の寮母さんの怖いこと。

部活が終わり寮に帰り着くのは、門限ぎりぎりの8時半。食堂は9時まで、お風呂は9時半。点呼も9時半。帰ってきてからの1時間は毎日が戦争でした。バスケ部だけならまだしも、テニス、卓球と他の部活生も重なった日には最悪な状況。

9時半の点呼終了後は、机にむかい必死でクラブノートを書いていました。
練習メニューから、今日のポイント、反省など、思い出しながら書いていました。そこで大変なのが今日のポイント、文章だけでなく必ず図示しなければ、先生から赤ペンで図示!の一言。
カタカナ禁止で英語で書かないといけないので、辞書は必需品。
もちろん、禁止用語にも注意しないといけません。禁止用語を使用した日には、当然のように赤ペンでチェックが入っています。(←経験者)

1番の衝撃的な思い出といえば、頼まれ事で先生のご自宅に伺った時、当時小学生だった先生のお子様T君と親子喧嘩の真っ最中、T君が玄関に立っている私に、向かって歩きながら、この!なま○げが!!」と言い放った時は、さすがのあたしも「シー!T君、なま○げはないっ!(汗)」っと、先生のお子様に突っ込んでしまいました。

まあ、色んな意味で数々のスリルを乗り越えた3年間。

その後、短大へ進み今に至ります。

リゲに入ったきっかけですが、1本の電話でした。チーター格好イイ〜!!でお馴染みの牧子さんからの電話で、クラブ選手権に出ると言う事で、人数も少ないし入らない?とお誘いを受けたのがきっかけでした。
そのせつは、お声をかけて頂いて、牧子さんには感謝感謝です。

それからリゲに行くようになり、元々顔見知りの人も多く、リゲ女の皆様もイイ人達ばかり、ただ、なおさ姉さんとの距離だけはなかなか縮まらず、半年かかりました(笑)
リゲは最高の場所でした。もちろんこれからも最高の場所です!
練習後の飲み、試合の打ち上げ、突然決まる飲み会、天瀬旅行にスクール水着、あたしはまだ不参加だけど、韓国旅行にスノボーツアー。

イベント盛沢山のクラブチームですよね!!
(飲みすぎで、吐く際には十分注意しましょう。誰かがさすってくれるでしょう)


クラブ選手権前の男子にはいつも関心させられます。激しい意見のぶつかり合い。試合は毎回、はらはらドキドキですがぁ〜!!
何だかんだで、女子は避けて通ってきた道なのかもしれないですね。私も含め、形上ではぶつかってたかもしれないですが、本当のぶつかり合いをしてない気がします。
でも、先日私の家での話合いは良かったと思います。毎回、あれくらいあーだこーだ言い合えるくらいリゲ女を盛り上げていきましょうー!!

クラブ選手権まで、練習出来る時間も残り後わずか。当たり前の事ですが、悔いだけは残したくありません。思い出を沢山残しましょう!!

何か長々とすみませんでした。私の話に最後まで付き合って下さった方に、心からお礼申し上げます。今まで楽しくバスケが出来たのも、これから楽しくバスケが出来るのも、リゲの皆様に出会えたからです。(感謝)末永く宜しくお願いします。
はやしーのぼやきでした。



最後になりますが、相ぱぱぁ〜!!!(そろそろ想いよ届け〜)
| 個人的 | 22:19 | comments (0) | trackback (x) |
第12回 シワとTシャツと私
ウィ〜!!
「目元のシワは隠しません」がモットーのサチエです。先日ゴキブリに背中を這われました。
このたび、ぼやきの機会をいただいたので遠慮なくぼやかせていただきます。

ではまずは、みなさんにはいつもお世話になっている「居酒屋半升と両親」について。
半升は今から20数年前、父ちゃんが結婚後脱サラし、宝石屋やら何やらを経験した後、私が二歳の時にオープンしました。最初の店作りは日曜大工が趣味の父ちゃんが手作業で完成させたらしいです。ちなみにここ最近の父ちゃんは顔に似合わずガーデニングに凝っており、一時期はギターを弾きだしたり「ぷりんとごっこ」にはまりだしたり、突然クラシックやジャズのCDを買い漁ったり、その他もろもろの趣味のつまみ食いには母ちゃんもお口あんぐり・・。そんな母ちゃんはなかなかの酒豪で、水のように日本酒を飲み、酔っ払うと私がドン引きするくらいテンションが高くなります。
話は逸れましたが、大きなマンションに囲まれながらも何とか生き残れている半升、しゃれた店ではありませんが、リゲのみなさんが来てくださるのを両親はとっても喜んでますので今後ともどうぞよろしくお願いします(^^)

それではリゲについて。
私がリゲに初めて来たのは今から約12年前。今でこそ“シワが多い”とか“テンション高過ぎ”とか“スウェット姿が一番しっくりくる”とか“それでもカワイイよ”とか言われる私ですが(最後のはちょっと嘘です)当時は高校1年生の終わり、まだまだ照れ屋でピチピチでシワができる余裕もないほどお顔パンパンの16歳の冬でした。
来たばっかの時は自分から話しかけることも上手く出来ないシャイガールだったけれど、マティをはじめ哲さんやオガピロさん、熊野さん、そして今でもリゲ女の面倒を見てくれる奈緒沙さんや今年ついに復帰した奈緒さん、私のお笑いの師匠であり、現在娘を笑いの後継者として指導中の梨佳さんなど先輩方が優しく楽しく接してくれたおかげで毎週火曜日のリゲに行くのが楽しみな高校時代でした。
その頃の思い出といえば、初めてのFBA(今で言うマツイカップ)。今津体育館に行くとき、まだ高校生だった私と友達のまいちゃんは勇三さんの車に乗せてもらいました。全く打ち解けていなかった私達にミスター・スマイリーの勇三さんは後部座席にブーブークッションを仕掛けるという荒業で私達を和ませてくれました。今だったらガッツリ食いつくとこですが、その時は素で恥ずかしがっていた・・・。あぁなんてシャイガール。
そんなシャイガールだった私ですが、いつのまにかノリが合致した梨佳さんとしょっちゅうガッツリご飯やらシャウトカラオケやらに通いだし、少しずつ笑いジワが増えだしました。(今のテンションの原型はここにあるといっても過言ではない)
しかし、大学生になりしばらくするとバイトにはまり、彼氏にはまり、仕事に追われとその度に数ヶ月や数年単位でリゲに来たり来なかったりを繰り返す出戻り者だったのですが、それでも久しぶりにひょっこり戻ってきてもいつも優しく仲間に入れてくれた先輩方のおかげで今の自分があると感謝しています。
大学を卒業してからは、会社に入社。精神的・肉体的疲労にやつれた私はあっさり1年で会社を辞め、社会人2年目の転職で今の仕事に就いてから時間ができたので久々にバスケに行くと・・・初対面の人がたくさん居ました。ネギが嫌いなのっぽの人とか、一つ年上のキャピキャピしたお姉さんとか、淋しがり屋のミスターJとか。リゲから離れてた間の社会経験からか以前ほど人見知りをせず話せるようになっていたので何だかんだでよく話すようになりました。そして産後復帰の梨佳さんとのブランクを感じさせないボケとツッコミ(もしくはダブルボケ?)に加え、もっちのブログにも書いてあったように韓国旅行ではもっちと意気投合。もっちの優しさと、私とは一味違ったキレの有る笑いにどっぷりはまり、相川・佐藤コンビの勢いにまんまとハマっていつの間にか大塚サチエキャラが生まれ、おヒゲで有名なツヨシが来てからは更に私の笑いジワは増加の傾向に・・・もう誰も止められない・・・。こうして私の年季の入った目尻のシワは確立されたのでした。
おっと、リゲのことのつもりがシワについて語ってしまった。

こんな笑いの耐えないリゲ生活のもう一つ大事な出来事がリゲ女のクラブ参加です。
負け越しながらも今年は4年目の挑戦となり、メンバーも増えました。チカの鼻キャラは当たり前となり、ユウコのオヤジキャラも定着してきました。正直30手前のこの年になってもこんなに汗だくになってバスケをしてるとは思わなかった。リゲへのどっぷりつかりっぷりには親も苦笑いです。後輩も増え、自分の責任も増えた分たくさん考えないといけない事もあるけれど、そんな中でみんなと一緒にバスケをするのが楽しいし、仕事以外に一生懸命にできるものがあるというのがこんなに楽しいものかとクラブ登録をして思いました。そしていつも女子の事を思ってくれるたくさんの男子が居る事もとても幸せだと。今、このメンバーで一緒に出来る時を大事にしていきたいし、みんなで良いチームにしていきたいなと思ってます。

練習や飲み会や旅行への参加率が増えると、自然とメンバー個々とも話す機会が増え、仕事では味わえない人間関係が築けることがとても楽しくとても勉強になります。たまにはしゃぎ過ぎて帰って深く反省する日もありますが・・・。大笑いする時間を一緒に過ごし、悩んでたり苦しい時には誰か助けてくれる人が居る。ありがとうを何度行っても足りない経験はたくさんあります。出戻りを繰り返して20代半ばに復帰し、今ではリゲは自分にとって心休まる場所であり元気の源です。嫌な事があってもリゲに来て大笑いしたらスカッとするし。
こうしてリゲと過ごす時間を積み重ねると共に私の笑いジワも年輪のごとく何重にも増えていくのかいかないのか・・・
でも、楽しいからいいや!
それでは長くなってしまいましたが、みなさんこれからもどうぞよろしくお願いします。
サチエでした。

写真はスノボ旅行に行ったときのものです。

| 個人的 | 00:07 | comments (0) | trackback (x) |
第11回 オヤジのぼやき
今回はバブルスの初老ことヒカルがぼやかせて頂きます

さて何を書こうか迷いますが金曜に早良の練習を始めた経緯でも書きましょうかね

今を遡ること12年前ぐらいになりますがバスケとは程遠い生活を送っていた私ですがひょんな事から早良在住の人と知り合いになりまして話しているとバスケ経験者じゃありませんか

バスケしたいよねーと言う一言からならやるか?って言うことになり、たまたま早良中を借りれる事になりバスケをする場所を確保できました

始めた頃は数人での練習(今考えるとぞっとするような)練習をしてました(笑)

暫らくその状態が続きそれでも楽しく練習をしていたある日私のバスケ人生を変える出会いがありました

その人こそ勇三でした数人の高校生が一緒に練習させて下さいと来た中に勇三がいました・・・マサもいたな(笑)

その頃から練習の人数も増えバスケらしくなってきました暫らくすると早良高校の生徒達も練習に来るようになりますますバスケらしくなってきました

また暫らくがたち今度は渡辺が参加(この頃はスカシテいた)

この少し前にチームバブルスが発足渡辺加入後は最強のバブルスでしたね
この頃のFBAでこうすけが一試合平均48点近く取っていましたよ。
バブルスがFBAに参加するようになってもう一つの出会いがありました。
そうマティーですこの出会いがバスケに大きな影響を及ぼしましたね。
現在のリゲルス結成に相成りまして当時私も参加させてもらいました

リゲルスの思い出で自分の一番の思いでは忘れもしません。
リゲ九州大会初参加の緒戦です。

佐賀での大会だったのですがなんと当日雪が降り三瀬がチェーン規制になり通行が出来なくなり(タカヒロはチェーンを巻いて走破)幹線道路は軒並み渋滞何とか試合に間に合ったのはなんと6名しかも遅れたので相手フリースローからゲーム開始私も試合に間に合い、な、なんとスタメンではありませんか

皆が来るまで頑張らねばの一身で1Qで出しリードする展開にこれにはビックリ1Q途中で交代するまで我を忘れ試合に集中してました。

しかし疲れたな

今となってはいい思い出です。

あの頃小さな子供だった長女は14歳になりさらに小さかった長男は11歳になり二人ともにバスケを初めおやじと共にバスケしてます。

その内子供達に太刀打ち出来なくなるんだろーなー
でもそれが楽しかったりして
子供がいる皆さん子供とバスケが出来るようになるまで頑張りましょう

長くなりましたがこれからも体の動く限りバスケを続けて行きたいと思います

これからも夜路死苦(笑)

PS リゲルスの選手の方々へそろそろリゲが福岡1位なってもいい頃では
   頑張ってくださいね
   女子のみなさんも今回は気合×10で頑張って下さいね
   男女で九州大会を目指しましょう。
| 個人的 | 19:56 | comments (0) | trackback (x) |
第9回 正しい鬱との戦い方。
どうも野良猫ヤナギの宅急便ですやっと僕に出番が回って来ましたので5週に渡ってお送りしたいと思います

って言っても最近面白いネタとかないし、死んだ魚の目しかしてないし、何の話をしようかなって考えながら軽くこまっちまってます
気まずいネタも減ってきたからなぁあ〜どうしようか・・・

みんながリゲに来たときの話をしてるから便乗してみようかな。

初めてリゲに来たのは・・・いつやったかな。多分、高校を卒業したぐらいでないかなぁ

でもあんまり覚えてないからやっぱりやめた。

あと流れ的にはどんな話が良いのかな?
全国でMVPになった話もみんなが知ってるからなぁ

去年、見事にMVPに輝けました。詳しい話は直接聞いてもらえれば良いですが、長い闘病生活に打ち勝った事が称えられ、スカシタ店長に見事、この賞をいただいちゃいました
これもみなさんのお陰です。

飲んだ勢いだったら人と話す事もどんどん頭に思い浮かぶんやけど、シラフだとなかなか文章がでてこんもんやな。

話はガラッと変わるけど、皆さんにはずいぶんお世話になりっぱなしで感謝してばっかりです。

こんな、変な性格でおまけにすぐに鬱にもなっちゃうような人間の面倒を見てくれてありがとうございます

色んな人の励ましがあったから今でもバスケをやりよるんやろうと思うし、お腹にも酒と言う、貯金がたまりようもんだと思います。
今まで出会ってきた人達も何か縁があったから知り合ったんやしね。

結局何が言いたいかよくわからんくなってきたのでそろそろボヤコウかな

そういえば僕は某MVPより先に仕事を始めました。
某MVPは『ドゥーン』と村上ショージに伝授した人で、後は、電撃ネットワーク張りに換気扇を手で止めたりとか、コートで1人スライディングしたりと色んなネタを持っているパートタイマーです

でも、人前で話すのが得意じゃなかったので仕事もやめちゃいました

ってどっちも自分の話じゃ無かったか

このチームって色んな人がいて面白いっすね。
I川さんとかO山さんとか中々太ってるのを認めない小太り系の人もいるし、味噌汁みたいなラーメンを食べる24尾さんとかもいるし、ソウルキッチンでスカシタ田尾さんとかもいるし、他にもあげるときりがないぐらい色んな人がおりますな。

まぁ、考えれば自分もだいぶ変わってるんでしょうけどね

もうすぐ試合なんでイカれた感じで今年も頑張っていきましょう。

応援に来てくれた人達が少しでも楽しい思いが出きるように今からネタを仕込んでおかないといけませんな。

話したいことはいっぱいあるんですが、10分前の電話がかかってきたからもうやめます。
これ以上書き込むと延長料金が発生しちゃうからね
最後に一句

柚木くん

ヒゲもこゆくて

馴れ馴れしい



ここらでお開き。また来週
| 個人的 | 19:21 | comments (0) | trackback (x) |
第8回 感動する話
Ciao!!
みなさんお元気??
ジュエリー牧です。(銀座ジュエリーマキとは関係ありません。)
私もいつの間にかリゲに来てからかれこれ7年経ちました。
『めさーじゅ』を見て初めて城南中の体育館に行ったときこころよく出迎えてくれて、次も誘ってくれたてつさんに感謝です。
私はてつさん時代のリゲから仲間に入れてもらいました。
毎週のように兵六でいっぱい飲んでいっぱい笑って。
毎週のように天ケ瀬に行ったり・・・。
恋人かというほど毎日梨佳ちゃんとデートしたり。
若かったね!!
私はリゲの仲間に出逢えてとってもとってもハッピーです。
いつでも相談に乗ってくれてまとめてくれている梨佳。
試合でくじけて、本当は年上の私が引っ張らないといけないのに励まして支えてくれて引っ張って行ってくれている沙千恵、貴子、もっち。
チームの為に自分はそっちのけで頑張ってくれている奈緒沙ねぇさん。
ご無沙汰になるといつも連絡をくれる千佳。
ぐいぐいプレーでもひっぱてくれている優子。
家のことも大変なのに頑張ってる林田。
男子のこともあるのにいろいろアドバイスをくれる西尾、わーげそ。
高校の時は女バスで「亮ちん!亮ちん!」って騒いでた頃には話せるなんて考えられなかった。あの頃の私は騙されていたのか??
まだあの頃はあおくなくて白かった。(流川と被ってた?!)
余談になりましたが今は年下もいっぱい増えて。みんなみんなありがとうです。
そして何より松井さんのおかげだと思います。
この歳になってまた本気で話し合いながらバスケがやれるなんて思ってもいませんでした。
感謝感謝です。
リゲはさいこ〜です。
って。
あまり面白いことも書けないのでおひとつ、感動するお話を。
社会人なので何かのお役に立てるかな。

「マニュアルを越えたところに感動がある」と東京ディズニーランドの母体である株式会社オリエタルランドの相談役の堀貞一郎顧問はこんな話をしたそうです。

東京ディズニーランドにある若い夫婦が来ました。
ランド内のレストランで彼らはお子様ランチを注文したのです。
もちろん、お子様ランチは9歳以下とメニューにも書いてあります。
子供のいないカップルにはマニュアルではお断りする種類のものです。

当然、「恐れ入りますが、ここのメニ ューにも書いておりますが
お子様ランチはお子様用ですし、大人には少し物足りないかと思われますので・・・・・」というのがマニュアルです。

しかし、アルバイト(キャスト)の青年はマニュアルから一歩踏み出して尋ねました。

「失礼ですが、お子様ランチは誰が食べられるのですか?」

「死んだ子供のために注文したくて」奥さんが答える。

「亡くなられた子供さんに」とキャストは絶句しました。

「私たち夫婦は子供がなかなか産まれませんでした。
求め続けて求め続けてやっと待望の娘が産まれましたが
体が弱く一歳の誕生日を待たずに神様のもとに召されたのです。
私たち夫婦も泣いて過ごしました。子供の一周忌にいつかは子供を連れて来ようと話していたディズニーランドに来 たのです。
そしたらゲートのところで渡されたマップにここにお子様ランチがあると書いてあったので思い出に・・・・」

そう言って夫婦は目を伏せました。

キャストのアルバイトは「そうですか。では、どうぞ召し上がってください」
と応じました。そして「ご家族の皆さま、どうぞこちらのほうに」と
四人席の家族テーブルに夫婦を移動させ
それから子供用のイスを一つ用意しました。

そして「子供さんはこちらに」
とまるで亡くなった子供が生きているかのように小さなイスに導いたのです。

しばらくして運ばれてきたのは三人分のお子様ランチでした。

キャストは「ご家族でごゆっくりお楽しみください」
と挨拶してその場を立ち去りました。
若い夫婦は失なわれた子供との日々をかみしめながらお子様ランチを食べました。

このような行為はマニュアル破りの規則違反です。しかし東京ディズニーランドでは先輩も同僚も彼の行動はとがめません。
それどころか彼の行為はディズニーランドでは賞賛されるのです。
マニュアルは基本でしかありません。
それを越えるところに感動が潜んでいるのです。
この出来事に 感動した若い夫婦は、帰宅後に手紙を書きました。

「お子様ランチを食べながら涙が止まりませんでした。まるで娘が生きているように家族の団らんを味わいました。こんな娘との家族団らんの体験を東京ディズニーランドでさせていただくとは夢にも思いませんでした。これから、二人で涙をふいて生きてゆきます。
また、二周忌、三周忌に娘を連れてディズニーランドに必ず行きます。
そして、私たちは話し合いました。
今度はこの子の妹か弟かを連れてきっと遊びに行きます」
という手紙が東京ディズニーランドには連日届けられます。

それはすぐに張り出され、コピーされ舞台裏で出演の準備をするキャストに配られます。
舞台裏ではキャストとして働いている多くの男女の若者が共感して泣くそうです。

でも、しばらくして先輩が号令をかけます。
「涙はここ(舞台裏)まで、パーク内では涙は禁物。今日も日本中いや世界中 の人が、ここディズニーランドに感動を求めて来ています。

今日はどんなドラマを誰が創るのかな ?それでは、みんな笑顔で準備を!」と。

ミッキーマウスの産みの親ウォルト・ディズニーがディズニーランドに求めたもの、それはお客が映画の世界に入り込み、一緒に感動を作り上げていくことでした。
だから東京ディズニーランドではお客をゲスト(共演者)と呼び、従業員をキャスト(出演者)と呼びます。

キャストはいつも感動を探しています。

東京ディズニーランドでは立ち止まって地図を見ているとキャストが必ず笑顔で寄ってきて「何かお探しですか?」と声をかけてくれる。
「ここを探しているんです」と言うと、キャストは「そちらはここを真っ直ぐ行かれて、あのヤシの木の右側が、そのエリアです。楽しんで、行ってらっしゃい!」と言ってくれます。

写真でも撮ろうものなら掃除担当者の人も寄ってきて「私が撮りましょうか?」と尋ねてくれ 「はい。チーズ!」とシャッターを押してくれる。
そして「とってもステキな写真が撮れましたよ。
行ってらっしゃい。楽しんで!」とまた笑顔で対応してくれる。

人を感動させるところには、人が集まります。そしてそこにお金を落とすのです。
また、キャストのメンバー自身も人に喜んでもらえることで自分の存在価値を感じています。
だから彼らは自発的なのです。

それが生きていることへの確認になります。誰かに親切にすることで「ありがとう」や笑顔が返ってくるそれが生きていることへの実感につながるのでしょうね。

 リゾート産業も景気と連動して氷河期時代を続けています。
宮崎のシーガイアや長崎のハウステンボスは赤字を続け
関西の歴史ある宝塚ファミリーランドは閉園をしました。
これはどこのリゾート地でも同じ状態です。しかし東京ディズニーランドだけが確実に入場者数を増やしているのです。
東京ディズニーランドは97.5%のリピート率を誇っています。
リピート率とは東京ディズニーランドに何度も訪れている人の割合です。
来場者のほとんどをリピーターが占めています。

つまり「ここに初めて来ました」と言う人は年間3パーセントも満たないのです。
そして10回以上を超えるリピーターが6割もいるのです。
そのリピーター の人々が入場料を除く、お土産だけの売上を675億円も東京ディズニーランドで使って帰るのです。

これは銀座のデパートと同等の売上です。もちろん年末商戦もバーゲンも東京ディズニーランドにはありません。
この売上に入場料やディズニーシーの売上を加えるとスーパー優良企業です。


と・・・書かれていました。
業種は違いますが私もこんな心の仕事をしたいなと思う今日この頃です。
私のできる限り人の力になりたいなぁ。
みなさんはお仕事ぶりいかがですか??

最後になりましたがジュエリーのこと(自分のジュエリーを作りたい、彼女あるいは好きな人へのプレゼント、二人で記念に何か作りたいなど)、美や健康、食(最近肌荒れが・・・など)でも何かありましたらいつでも呼び止めてくださ〜い!!

http://members2.jcom.home.ne.jp/c.t.n/

長々と読んでいただきありがとうございました。
しのはらではなくおのはらでした。

天花とゆかいな仲間達です。どれが天花かわかるかな?

| 個人的 | 23:05 | comments (0) | trackback (x) |

CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
<< 11 - 2017 >>
PROFILE
OTHERS