メッシュターポリンの印刷後の作業
by セリグラフィ
メッシュターポリンには印刷したときにインクが漏れないように裏面にシートが付いております。
印刷後にこのシートをはがす必要があります。

このシートをはがしても印刷したデザインは大丈夫です。
少しは薄くなりますが問題はありません。
細かいメッシュを使用しておりますので、メッシュターポリンに印刷されております。

テント屋さんに縫製をお願いしているので、
印刷後、裏面のシートをはがして持っていきます。
このシートをはがすのはロットによってちょっと違いますが、
結構しっかりついているときもあります。
印刷後なので印刷面をキズつけないように手で少しずつはがしております。

簡単に剥がせる方法はあるのでしょうか?
何かいい方法があればちょっと知りたいです。

周囲ロープ入り縫製とハトメ加工をお願いしました。


メッシュターポリンは軽くて風に強いのが特徴です。

メッシュターポリン幕は下記のホームページ掲載しております。
https://serigraphie.shopinfo.jp/

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

|| 18:43 | comments (0) | trackback (x) | ||
ダンプラに印刷シートをスキージを使って貼る
by セリグラフィ
工事用の建築許可票を印刷してラミネート加工しました。
グロスのラミネート加工です。
このシートを厚さ3mmのダンプラに貼っております。


印刷シートを貼るときは裏紙を剥がしながら少しずつ貼っていきます。
シートとダンプラが付かないように裏紙は折り曲げた状態で剥がします。

ダンプラは筋があるため少しだけ凹凸があります。
凹んだところにもシートが付くように少しだけ押し込むように貼ります。

この凹凸があるので、空気が入らないように貼るのは思っている以上に簡単です。
エアーフリーの塩ビシートを貼っている感じで貼れます。

ダンプラ厚さ3mmはちょっと強度弱いので、
ラミネート機で貼るダンプラ潰れるような気がします。
そのため手作業で行ってます。

結構、早く貼れますがサイズが大きいときは
腰に疲れがでることもたまにあります。

スキージを使って貼るときの注意としては、
特にグロスのラミネートのときはスキージの擦り傷が付くこともあるので、
印刷シートの表面に洗剤を少し入れた水を霧吹きしながらすると、
滑りがよくなって傷がつきにくくなります。

今回は幅900mm×縦1300mmを3枚貼りました。

ダンプラ看板は下記のホームページ掲載しております。
https://serigraphie.shopinfo.jp/

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

|| 18:06 | comments (0) | trackback (x) | ||