捨て看板の製作過程
捨て看板はターポリンにインクジェットで印刷します。
このとき木枠に巻き込んでとめるのでデータに塗り足しを周囲30mm以上つけて印刷しております。

幅が1100mmのターポリンを使用しているので2枚分を印刷しております。

印刷が終ったらカッターでターポリンをカットします。

ターポリンはカッターで切れますが、繊維を挟んだ材料なので次第に切れが悪くなります。

カットしたあとは木枠にはりこんでいきます。
木枠は15mm角のスギ材で組んであります。

ターポリンのセンターに木枠をおいて周囲をタッカーでとめていきます。
このときステープルを少し斜め打ち込むとしっかりとまります。

こんな感じで捨て看板を製作しております。
タッカーがないときは画鋲でもできると思います。
| 看板印刷、製作のメモ | 17:21 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<< 10 - 2018 >>
OTHERS