余ったMDFを使ってプレート立てを製作
捨てるにはもったいないくらいの厚さ5.5mmのMDFからスタンドを製作しました。
以前にも作ったのですが、看板を取りに来られたお客さんにあげたりするので、なくなっていました。

余ったMDFをレーザー加工機でカットします。

スタンドの横部分をカットしている写真です。

カットができたら木工用ボンドとトンカチで組み立てます。

カットするときに凹んでいるところを少しだけ小さくしているので、
簡単にはめることができないのでトンカチで叩いていれます。
その時に木工用ボンドを先につけてから叩きいれます。

トンカチでそのまま叩くとMDFにトンカチの跡がついたりするので、
あて板してその上から叩きます。
0.1mmくらいの差なので強く叩く必要はありません。

組みあがったら周りをヤスリがけして完成です。

とりあえず4台作りました。

これはあくまでサンプル用なので全部同じサイズです。
注文してされて製作する場合はプレートの高さに合わせて製作します。

このスタンドであれば厚さ3mmのアルミ複合板が立てれるようになっております。

レーザー加工は下記のホームページ掲載しております。
https://serigraphie.shopinfo.jp/

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/
| 看板印刷、製作のメモ | 18:58 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<< 10 - 2018 >>
OTHERS