ダンプラ看板には穴あけ後にハトメ加工がおすすめ
足場に付ける看板を印刷しました。
これはシルクスクリーンで印刷しております。
ダンプラの端に穴だけあけて取り付けをすると切れてしますことがあります。
穴を補強するためにハトメ加工を行います。

アルミのハトメを使っているので色は銀色です。
ハトメにも真鍮やステンレスなどの種類がありますが、
ダンプラであればこれで十分です。

ハトメ加工は穴をポンチであけて専用のパンチで取り付けします。
このときハトメがしっかり付いているか確認が必要です。
クルクルまわるとまだしっかり固定されていません。
ダンプラが少し凹むくらいがちょうどいいです。

ダンプラの厚さが3mmなので穴径が8mmにハトメを使っております。

厚さが5mmのときはワンサイズ大きいハトメを使用します。

ハトメ加工で穴を補強すれば針金や結束バンドなどで取り付けしても
穴が切れることがないのでおすすめです。

ダンプラ看板は下記のホームページに掲載しております。
http://deconet.dip.jp/deco/


日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/
| 看板印刷、製作のメモ | 18:12 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<< 11 - 2018 >>
OTHERS